まだギリギリ間に合う!UVケア!

5月に入り、外に出る時はもちろん、室内でも紫外線には注意しなければならない季節になってきました!紫外線は3月から急激に強くなり、5月は真夏並みになります☀︎

この記事では、正しい紫外線対策に繋がる、正しい日焼け止めの選びからをシェアしたいと思います。

日焼け止めを手にすると、SPFとPAという2種類の表記があります!
実は、それぞれ保護する紫外線の種類が違うんです!

■SPAについて
SPAとはSun Protection Factorの略称で、赤い炎症を引き起こすと言われている、紫外線B波を保護する指数を表しています。
表記方法は、SPF30のように、SPFの右横に数字が来ます。この数字が大きいほど、高い効果が期待でき、最大値はSPF50+です。

■PAとは
Protection grade of UVAの略称で、紫外線A波防止効果を示しています。
表記方法は+〜++++の4段階で、+が多いほど防止効果が高いと言われています。

では、この表記をもとに、生活シーンに合わせた正しい日焼け止めを選びましょう!

■生活シーン別!日焼け止めの選び方

  1. 日常生活(散歩や買い物程度):SPF10/PA+
  2. 屋外の軽い運動やレジャー:SPF20/PA++または+++
  3. 炎天下のレジャー、マリンスポーツなど:SPF40または50/PA++++

※紫外線に特に敏感な方(光線過敏症など)の方は、お医者さんの指示に従ってください!

みなさんも、日焼けには気をつけてこれからの季節、乗り切りましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。