ダメージケアとシャンプーについて

気温が上がると、髪の長い女性は特に頭皮の不快感出てきますよね、、、。
真夏だと本当に、髪の毛蒸してる〜って髪の長い頃は思ってました笑

今日は、夏が来る今だからこそ頭皮ケアの大切さと、髪のダメージケアについてシェアしたいと思います!

結論から先にお伝えすると、
綺麗な髪の毛を保つために最も大切なことは、「良質なシャンプーと頭皮マッサージ」
です!

頭皮の特徴について

まず、髪の毛には自力回復能力がありません!
つまり、、、良い髪の毛のためには頭皮環境を整えることが最も大切なんですー!
でも実は、、、頭皮の皮脂腺はなんとTゾーンの2倍もあります!
毛穴の大きさは顔の約2倍あり、汗腺は手の平、足の裏の次に多いんです!!!
そして、傾向なのですが、肌質と頭皮の質はほとんど同じです。
オイリー肌の方は、頭皮もオイリーになりやすいので、しっかりケアしましょう!

次に、ダメージケアについてシェアしたいと思います☺️

枝毛・切れ毛

毛髪は縦に裂けやすい性質を持っています。
裂けてしまう原因は、「乾燥」です。髪が乾燥していると、
みなさん知っている通り、「キューティクル」が剥がれ落ちやすい状態に。
そうしたことで、髪の毛に裂け目が入り、枝毛、抜け毛、切れ毛になります。
必要なケア:)
顔のスキンケアと同じ、頭皮も「保湿」してあげることが大切です。
シャンプーはダメージケアシャンプーをなるべく使用し、
ドライヤー前にはヘアオイルやヘアミルクを使うと、
ドライヤーの熱から頭皮と髪の毛を保護してくれます!
個人的には、髪のパサつきが気になる方は、ヘアミルクがオススメです!


ヘアオイル

髪を守る」ことが目的です。髪の外側をオイルがコーティングすることで、
摩擦や紫外線から「守る」ことが出来ます。


ヘアミルク

髪を補修して保湿する」ことが目的です。髪の内部にまで成分が浸透するので、
髪の内側からケア出来ます。髪の内側から保湿できるので、枝毛が目立つ方は、
ヘアミルクがおすすめです!
ブリーチやハイカラーなどのダメージが特に酷いと感じる方は、
ミルク→オイルの順にドライヤー前に両方つけると良いと美容師さんが言ってました!!!

豆知識💡(美容師さんから聞いたお話)

シャンプーって頭皮ケアに一番と言って良いくらい大切だそうです、、、。
今までシャンプーなんて重要視したことなかったのですが、
シャンプーの主成分は主に「水」と「洗浄成分」なのですが、
その「水」も安いシャンプーだと少し怖い面があるそうです、、、。
そして「洗浄成分」がやっぱり値段によって配合されているものが
全然違うらしく、、、。

本来、頭皮や毛髪の汚れは水洗いだけで80%落ちます。
残りの落ちない20%は、油分を含むスタイリング剤などです。
その汚れを、シャンプーが落としてくれます。
シャンプーに使われいてる洗浄成分は、「界面活性剤」というものですが、
そこには主に値段別にランクがあり、市販の一番安いランクの商品には、
泡立ちが良くて洗浄力がかなり強いものが使われています
→でも、、、。洗浄力が高すぎて、頭皮の必要な皮脂まで奪うので、
頭皮の乾燥に繋がったり、カラーリングの退色が早くなったりします。

そこで、髪に良いとされる、ノンシリコンやアミノ酸系シャンプーは、
泡立ちが弱かったり、髪のきしみが始め気になりますが、
洗浄力が弱く頭皮に優しいので、髪トラブルを引き起こしにくくなるそうです。
敏感肌の方は特に、このタイプのシャンプーを使ったほうが良いと
美容師さんが言っていました!
また、頭皮も血行を良くして血液循環を促すことが大切なので、
定期的に頭皮マッサージをすると良いそうです🤗

長文失礼しました!最後までお読みいただき、本当にありがとうございます❤︎

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。