紫外線ってまじで恐ろしい

昨日まで雨続きだった東京ですが、今日は少し太陽が出ていますね☀️!!!
今週からまた気温がぐんぐん上昇するみたいです、、、
日焼け対策、私も毎日在宅勤務ですが、頑張ります、、、

今日は、改めて日焼けの仕組みと紫外線の恐ろしさについて
シェアしたいと思います!

日焼けの仕組み

紫外線を浴びると、肌の中で命令が出ます。
そうです、「メラニンを作れ🗣」と下されるのです。
この命令を受けると、「メラノサイト」という細胞がたくさん働いて、
メラニン色素を大量に作ります🏭!

ただ、肌にはたくさんの防御機能が備わっているので、
肌は日焼けしても元の色に戻ります。

しかし!!!それは、皮膚の働きが正常に働いている場合のみ!!!

加齢や、その他様々な要因でターンオーバーが遅くなると、
肌の表面にメラニン色素たちが出てくるのです、、、。
そうです、それがシミですーーー!!!

歳を取ると基礎代謝も落ちるので、知らぬ間に日焼けして皮膚の奥に
紫外線ダメージが確実に蓄積しています、、、泣

紫外線が肌に与えるダメージ

紫外線が肌に与えるダメージは2つあります。

コラーゲンを破壊する

紫外線って3種類あるのですが、その1つ、UVAと呼ばれる「紫外線A波」は
波長が長いので、肌の奥の奥の奥まで届きます。
そうすると、肌内部ではコラーゲンを分解する酵素が増え、
コラーゲンはバラバラに破壊、、、。その結果、お肌のハリと弾力が低下します、、、泣

DNAを傷つける

紫外線は細胞の中にあるDNAまで傷つけます、、、
本来、傷ついたDNAを治す機能を細胞は備えているのですが、歳をとると、
その機能は低下。そうすると、細胞の設計図であるDNAに傷がついているので、
皮膚が元どおりの状態に戻ろうとしても、傷が影響を及ぼし、
シミやしわ、たるみなどに繋がるのです、、、泣

さいごに。

こんな感じで、紫外線は加齢と合わさると肌にたくさんのダメージを与えるので、
年齢を問わず、しっかり対策した方が良さそうです☀️
以前の記事に目的別の日焼け止めの選び方を載せているので、
是非参考にしてくれると嬉しいです✨

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。