一手間で簡単に!崩れないアイメイクが完成✨

3月頃からマスクが手放せない状況になってしまいましたね、、、泣
5月までは出社することがなかった方も、最近は以前のように出社している方も多くなったかと思います。

そこで今日は、「マスクメイク」の要ともいえる、アイメイク(アイシャドウ)を長持ちさせるテクニックをシェアしたいと思います。

マスクメイク

マスクを毎日していて、アイメイクが周りの人から注目されている気がしませんか?
なんとなくマスク越しの自分の表情が暗いなと感じてしまったり、朝に仕込んだアイシャドウがなくなっていたり、、、。難しいですよね。

でもこの状況を逆手にとって、アイメイクが決まれば、
以前よりも顔の印象が明るくなったり、見せたい雰囲気に近づけることができますよ!

アイシャドウが長持ちする!プチテクニック!

ルースパウダー(おしろい)をアイシャドウ前にアイホールに仕込む!です!

みなさん、アイシャドウは普段どのように塗っていますか👀?
クリームアイシャドウなど、油分量が多いものほど、
二重幅に溜まりやすかったり、時間が経つと消えてしまったり、、、💦
そんなことありますよね!!!!!
しかし、ルースパウダーが皮脂を吸着してくれるので、アイシャドウが崩れる原因となる皮脂をキャッチしてくれます!
そうすると、完全に崩れないとは言い切れませんが、ルースパウダーを仕込むことで、アイシャドウの持ちが全然違います!!!

ルースパウダーを選ぶコツ

おすすめのタイプ

先ほどお伝えした通り、ルースパウダーの役割は、
「時間と共に分泌される皮脂をキャッチすること」です。

なので!マットタイプのルースパウダーを選んでください☺️

おすすめのルースパウダー

  1. コスメデコルテ フェイスパウダー 12 lucent beige
    ¥5,000 + tax
    https://www.cosmedecorte.com/product/basemakeup/JEFP
  2. THREE アルティメイト ダイアフェネス ルースパウダー 
    トランスルーセント01
    ¥5,000 + tax
    https://www.threecosmetics.com/onlineshop/products/detail/bas-0304003

⚠️ツヤが出るタイプのルースパウダーは油分やパールが通常のものより多く配合されていたりするので、アイシャドウの持ちや発色に影響する場合があります!

綺麗に仕込むコツ

チークブラシなどの、毛先が長い小さめのブラシを使うと一番きれいに塗ることができます!

その時、パウダーをブラシにしっかりと含ませた後、ティッシュか手の甲でブラシ表面のパウダーが見えなくなるまで馴染ませてください!
パウダーがブラシ表面から見えなくなると、それはブラシの中にしっかりとパウダーが含んでいる証拠です☺️

おすすめブラシ

  1. THREE フェイスブラシ S
    ¥3600 + tax
    https://www.threecosmetics.com/onlineshop/products/detail/too-0501003
  2. ハウスオブローゼ チークブラシ
    ¥990(税込)

ブラシが手元にない方は、薬指で薄くアイホールに塗っても代用できますよ!
この時、伸ばすというよりは、スタンプ押しのように乗せてみてください☺️

さいごに。

いきなりデパコスの商品を買わなくとも、プチプラのルースパウダーでトライしてみても良いと思います!ただ、デパコスのルースパウダーは持ちも良く、1年以上持つので、この機会に全顔用と合わせてパウダーを選ぶのもおすすめです○

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。